義父からの野菜定期便

Posted by user. コメントは受け付けていません。.

主人の父から、定期的に野菜が届く。

義父は趣味で野菜を作っている。
夏野菜はトマト、きゅうり、ナス、ピーマン、
ジャガイモ、玉ねぎ等、種類は豊富。
冬野菜も白菜、大根、葉物類、と普段使う野菜がたくさん。

趣味で始めた野菜作り、
畑の広さはどんどん拡大していく。
義父の住まいは九州地方なのだが、
趣味で畑をする程度なら、
知人・友人がいくらでも貸してくれるとのこと。
東京とは違う。

我が家は子供2人と主人の4人家族。
義父からの野菜定期便は大変ありがたい。
どれも美味しく、産直みたいな感じだ。
が、大量に送られてくる野菜、
美味しいうちに食べきってしまいたいが、
食べきれない。
例えば、じゃがいもと玉ねぎ50個ずつ。
さらに、きゅうりとナスが30個ずつとか。
冷蔵庫はパンパン。


「送料もかかりますし、もう少し少量で十分です!」
と何度も伝えているのだが、
野菜の量が年々増えていく。
近所もみんな趣味で野菜を作っているので、
誰にも配ることができないらしい。
つまり、近所中、趣味の野菜があまっている状態らしい。

九州地方の野菜は、
東京のスーパーでは種類によっては高め。
趣味の野菜をスーパーに売り込むよい方法はないかしら。
ちょっと妄想してしまう。